名刺を作る相場

名刺のイラスト名刺を自宅で作成する場合は、かかるコストは名刺の用紙代金や、印刷する際のインク代のみで事足りるのですが、企業に注文をするとなると話が別です。
企業に注文を行う際には、デザイン代金、印刷代金、手数料などの様々なコストがかかりますので、事前にコストを確認しておきましょう。

デザインの種類によっても名刺代金が異なる場合が多く、全面モノクロの名刺の場合は100枚で900円から1000円前後、カラー印刷の場合は100枚で1000円から2000円が相場と言えるでしょう。
印刷する用紙の質によっても金額が大きく異なりますので、用紙を選ぶことが出来る場合は、事前に確認しておくことが大切です。

また、テンプレートを使わずに、デザインを企業に一から発注する場合は、別途料金が発生する場合が多く、この金額に更に+500円~1000円前後かかることがありますので、コストの面をよく確認しておきましょう。

名刺のコストは出来るだけ抑えたいですが、名刺は自分の顔となる物ですので、あまり安物を使ってしまってもいけません。
自分の身の丈に合っている、しっかりとした名刺を作るように心がけて、名刺を上手に活用するようにしてみて下さいね!

 

 

名刺作成は量より質が良いですよ。

皆さんは会社に勤められていますか。勤めているならば当然必要になってくるのが名刺ではないのでしょうか。しかしこの名刺、案外費用がかかるもので、少しでも安くしようと考える人が多いようです。しかし、私の考えとしましては、少しでも良いものを沢山作成した方が、ビジネスの上でプラスになるのではないのでしょうか。

そこで今回は名刺の作成について考えたいです。名刺の作成を任すなら、ネット会社が良いと思います。何故ならば、自分が一生懸命にデザインした名刺をある程度の安さで沢山作ってもらえるからです。悪いものを沢山作ったら問題ですが、良いものを沢山作れるならこれは言う事は無いでしょう。

やはり、ネットが店舗になっていますから、人件費や建物代金を抑えられますので、それを商品の品質に還元する事が出来るのは大きいですね。こうした会社は多々あります。皆様も口コミサイトなどを参考にして、貴方にあった最高の名刺を作成してみては如何でしょうか。

 

名刺の印刷は一括して頼まれるでしょう。

名刺は会社員の必需品です。特に営業の人間はこれがないと取引先に行った時にまずは名刺交換から付き合いが始まり商談にまで進んでいくのです。とりあえず何はなくても名刺がないと挨拶も出来ないので格好がつきませんし、挨拶周り自体に連れて行ってもらえません。だから新入社員になってするのは研修が済んだら自分の名刺を作成するところからです。

みんなと一緒の無難な名刺だと目立たないので無難ではあっても覚えてはもらえません。かといってあまりにも奇をてらった名刺は渡した相手を引かせてしまうだけです。ここはひとつさりげなく目立ちながらもイヤミを感じさせない名刺のデザインを考えておくべきでしょう。

名刺の印刷を請け負ってくれる会社は多分一括でどこかに頼むはずです。準備は早めにすすめておいた方が良いでしょう。名刺のデザインに凝るのは恥ずかしいとか面倒くさいとか言わずに無駄かもしれませんが考えてください。どうしても良いアイデアが見つからない場合はネット検索して探してみると案外良いのが見つかるかもしれません。

自宅で作る名刺

自宅で自分で名刺を作るという方も多いのですが、自分で名刺を作る為には、主にこのようなステップで名刺を作成していく必要があります。

パソコンまず初めに、ワードが入っているパソコンを用意しましょう。
自宅で名刺を作る方の多くはワードで名刺作成する方が多く、初心者でも簡単に作ることが出来る為、オススメの方法と言えます。

次に、どのようなデザインの名刺にしていくかを考えていきます。
会社名や名前の配置はもちろん、名刺そのもののデザインをどのようなものにしていくかを考えて、ワードに入力していきましょう。
シンプルな物でしたらすぐに作成できるのですが、いまいちデザインが上手く行かないという場合は、自分で名刺を作る方法を紹介しているサイトも多くありますので、参考にしてみて下さい。

最後に、作成した名刺をプリントアウトしていきます。
名刺用の用紙を用意する必要がありますので、事前に購入しておきましょう。
購入した用紙をプリンターにセットして印刷すれば、名刺作成は完了です!名刺用の紙の場合、印刷をしたばかりはインクが非常に擦れやすい場合がありますので、用紙を無駄にしてしまわない為にも、印刷の際にはしばらく触らないように注意してください。

 

 

最近では名刺作成も自分でやる

今までは業者に頼んでいた名刺作成ですが、最近では自分でやるようになりました。業者に頼んでいたころは、名刺が切れてしまってから頼むようでは間に合わないので大事な出張や会議の前に切らしてしまい大変困った経験が数度あります。

4月など、業者が掻きいれ時の際には1週間以上も待たされたこともあります。それに、毎回同じものを頼んでいるのにやけに高いのです。これには非常に不満を持っていました。そんな時に知ったのは名刺作成用の印刷用紙です。テンプレートを専用サイトからダウンロードして、自分でいい感じにレイアウトします。自分でやるので、思ったような名刺ができます。僅かなスペースしかないので、すぐに出来上がります。本当に簡単な作業なのです。

あとは、普通に印刷をするだけです。用紙になってからも、簡単に?げるシールのようになっていて、すぐに100枚ほど出来てしまいます。デザインや制作の速さだけではなく、安いことも大きなメリットです。

 

自作の名刺作成のメリットデメリット

人の顔ともいわれる名刺だが、自作で作成するのと印刷会社に依頼するのとではどちらがメリットなのでしょうか。よく「経費削減」として自作の名刺を作成している人がいるが、今の印刷技術も進歩しており、また、低価格にもなっています。私の体験談だと、印刷用紙代、プリンターのインク代などを考えると割高になってしまっていることがよくあります。

一方、調べてみると100枚あたり数百円で印刷してくれる会社も存在します。つまりは経費削減といっても実は削減になっていないケースが多いのです。ただ、デザインをある程度自分で加筆修正できる、という点は自作に軍配が上がります。自由度は高いです。

しかしこれも、デザインを自分でできる人であればメリットになるが、やはり一般的には自作の名刺のデザインはデザイナーのデザインには劣ります。名刺をどういった目的でどういう場面でどういう人たちに渡すのか、これを考えて作成する必要があると思います。でも自作も一度はやってみると面白いです。

 

 

名刺はどこで作れる?

コンビニ名刺を作る際には、自宅で自分で作る方法と、企業に頼む方法の二種類がありますが、企業で名刺を作る際には、ネットから名刺取扱い企業に注文して自宅か最寄りのコンビニなどからプリントアウトする方法と、名刺プリントを行ってくれる店舗に行って注文し、その場で印刷をする二パターンがあるでしょう。

自宅でプリントアウトをする場合は、用紙だけを用意すれば、その場でデザインされた物をプリントアウトすることが出来、後日代金を振込する場合と、代金を支払ってからプリントアウトが可能になる場合の二種類がありますので、支払い方法などを事前に確認しておくように心がけましょう。

コンビニなどでプリントアウトをする場合は、用紙などを用意する必要が無く、お金さえ払えばその場でプリントアウトをしてもらうことが出来るため、比較的こちらの方法で名刺を作る方が多いようです。
名刺用の紙を用意して自宅でプリントアウトをした方がコストが抑えられますが、手間暇を考えると、どちらもさほど変わらないと言えるでしょう。

これらの方法は名刺企業によっても異なりますので、プリントアウトの方法などは事前に確認を行い、自分に合っている方法を選ぶように心がけましょう。

『関連リンク』名刺
名刺作成企業「デザイン名刺.net」です。

 

名刺作成は専門家にまかせたほうが安い

プリンターの高性能化でSOHOや家庭でも簡単にきれいな名刺が作ることができるようになりました。一度自宅のパソコンとプリンターで名刺を作ってみたがプロが作ったような出来栄えにななりました。しかし、仕事で使用する名刺はまだ印刷業者にまかせてあります。それはそのほうがコストパフォーマンスが良いからです。

家庭で名刺を作成するコストは、電気代、インク代、用紙代、人件費です。このなかで一番費用がかかるのが人件費ではないでしようか。もし、あなたがサラリーマンで時給が3千円だったとします。年収600万円くらいだと、それくらいになります。名刺作成に1時間かかったとしたら費用は4千円くらいになります。デザインから印刷まで1時間は短すぎるが20枚印刷したとしたら1枚20円です。もし業者に依頼したら激安業者だと1枚2、3円で依頼できるのです。

ネットで検索してみるとそのくらいの単価の業者が容易に見つかります。やはり餅は餅屋です。

 

名刺作成のプロと素人の違い

個人事業者として活動しているときに、どうしても名刺が必要になり、自分で作ったことがあります。今はパソコンとグラフィックソフトと少しの専門知識があれば簡単に作成することができます。出来上がった名刺は結構立派なもので、相手に配るのが誇りに思えるぐらいでした。そんな自作名刺をしばらく使っていましたが、他の人と交換していくたびに自作名刺のクオリティの低さに気づき、逆に恥ずかしくなって来ました。

いったい何が違うのかよく分からないのですが、確実に何か違うのです。プロが作った物と素人が作ったものとの間には誰が見てもわかる違いがあります。フォントの問題やレイアウトの問題など、素人にはわかりませんのでプロに作成を依頼して、今はそれを使用しています。

名刺なんて名前と会社名が載っているだけのものだ、と侮ってはいけないと気づいた瞬間でした。名刺とはいわばその人の顔ですから、下手に妥協したりせずに専門家に作成を依頼したほうが良いです。