自宅で作る名刺

自宅で自分で名刺を作るという方も多いのですが、自分で名刺を作る為には、主にこのようなステップで名刺を作成していく必要があります。

パソコンまず初めに、ワードが入っているパソコンを用意しましょう。
自宅で名刺を作る方の多くはワードで名刺作成する方が多く、初心者でも簡単に作ることが出来る為、オススメの方法と言えます。

次に、どのようなデザインの名刺にしていくかを考えていきます。
会社名や名前の配置はもちろん、名刺そのもののデザインをどのようなものにしていくかを考えて、ワードに入力していきましょう。
シンプルな物でしたらすぐに作成できるのですが、いまいちデザインが上手く行かないという場合は、自分で名刺を作る方法を紹介しているサイトも多くありますので、参考にしてみて下さい。

最後に、作成した名刺をプリントアウトしていきます。
名刺用の用紙を用意する必要がありますので、事前に購入しておきましょう。
購入した用紙をプリンターにセットして印刷すれば、名刺作成は完了です!名刺用の紙の場合、印刷をしたばかりはインクが非常に擦れやすい場合がありますので、用紙を無駄にしてしまわない為にも、印刷の際にはしばらく触らないように注意してください。

 

 

最近では名刺作成も自分でやる

今までは業者に頼んでいた名刺作成ですが、最近では自分でやるようになりました。業者に頼んでいたころは、名刺が切れてしまってから頼むようでは間に合わないので大事な出張や会議の前に切らしてしまい大変困った経験が数度あります。

4月など、業者が掻きいれ時の際には1週間以上も待たされたこともあります。それに、毎回同じものを頼んでいるのにやけに高いのです。これには非常に不満を持っていました。そんな時に知ったのは名刺作成用の印刷用紙です。テンプレートを専用サイトからダウンロードして、自分でいい感じにレイアウトします。自分でやるので、思ったような名刺ができます。僅かなスペースしかないので、すぐに出来上がります。本当に簡単な作業なのです。

あとは、普通に印刷をするだけです。用紙になってからも、簡単に?げるシールのようになっていて、すぐに100枚ほど出来てしまいます。デザインや制作の速さだけではなく、安いことも大きなメリットです。

 

自作の名刺作成のメリットデメリット

人の顔ともいわれる名刺だが、自作で作成するのと印刷会社に依頼するのとではどちらがメリットなのでしょうか。よく「経費削減」として自作の名刺を作成している人がいるが、今の印刷技術も進歩しており、また、低価格にもなっています。私の体験談だと、印刷用紙代、プリンターのインク代などを考えると割高になってしまっていることがよくあります。

一方、調べてみると100枚あたり数百円で印刷してくれる会社も存在します。つまりは経費削減といっても実は削減になっていないケースが多いのです。ただ、デザインをある程度自分で加筆修正できる、という点は自作に軍配が上がります。自由度は高いです。

しかしこれも、デザインを自分でできる人であればメリットになるが、やはり一般的には自作の名刺のデザインはデザイナーのデザインには劣ります。名刺をどういった目的でどういう場面でどういう人たちに渡すのか、これを考えて作成する必要があると思います。でも自作も一度はやってみると面白いです。