名刺はどこで作れる?

コンビニ名刺を作る際には、自宅で自分で作る方法と、企業に頼む方法の二種類がありますが、企業で名刺を作る際には、ネットから名刺取扱い企業に注文して自宅か最寄りのコンビニなどからプリントアウトする方法と、名刺プリントを行ってくれる店舗に行って注文し、その場で印刷をする二パターンがあるでしょう。

自宅でプリントアウトをする場合は、用紙だけを用意すれば、その場でデザインされた物をプリントアウトすることが出来、後日代金を振込する場合と、代金を支払ってからプリントアウトが可能になる場合の二種類がありますので、支払い方法などを事前に確認しておくように心がけましょう。

コンビニなどでプリントアウトをする場合は、用紙などを用意する必要が無く、お金さえ払えばその場でプリントアウトをしてもらうことが出来るため、比較的こちらの方法で名刺を作る方が多いようです。
名刺用の紙を用意して自宅でプリントアウトをした方がコストが抑えられますが、手間暇を考えると、どちらもさほど変わらないと言えるでしょう。

これらの方法は名刺企業によっても異なりますので、プリントアウトの方法などは事前に確認を行い、自分に合っている方法を選ぶように心がけましょう。

『関連リンク』名刺
名刺作成企業「デザイン名刺.net」です。

 

名刺作成は専門家にまかせたほうが安い

プリンターの高性能化でSOHOや家庭でも簡単にきれいな名刺が作ることができるようになりました。一度自宅のパソコンとプリンターで名刺を作ってみたがプロが作ったような出来栄えにななりました。しかし、仕事で使用する名刺はまだ印刷業者にまかせてあります。それはそのほうがコストパフォーマンスが良いからです。

家庭で名刺を作成するコストは、電気代、インク代、用紙代、人件費です。このなかで一番費用がかかるのが人件費ではないでしようか。もし、あなたがサラリーマンで時給が3千円だったとします。年収600万円くらいだと、それくらいになります。名刺作成に1時間かかったとしたら費用は4千円くらいになります。デザインから印刷まで1時間は短すぎるが20枚印刷したとしたら1枚20円です。もし業者に依頼したら激安業者だと1枚2、3円で依頼できるのです。

ネットで検索してみるとそのくらいの単価の業者が容易に見つかります。やはり餅は餅屋です。

 

名刺作成のプロと素人の違い

個人事業者として活動しているときに、どうしても名刺が必要になり、自分で作ったことがあります。今はパソコンとグラフィックソフトと少しの専門知識があれば簡単に作成することができます。出来上がった名刺は結構立派なもので、相手に配るのが誇りに思えるぐらいでした。そんな自作名刺をしばらく使っていましたが、他の人と交換していくたびに自作名刺のクオリティの低さに気づき、逆に恥ずかしくなって来ました。

いったい何が違うのかよく分からないのですが、確実に何か違うのです。プロが作った物と素人が作ったものとの間には誰が見てもわかる違いがあります。フォントの問題やレイアウトの問題など、素人にはわかりませんのでプロに作成を依頼して、今はそれを使用しています。

名刺なんて名前と会社名が載っているだけのものだ、と侮ってはいけないと気づいた瞬間でした。名刺とはいわばその人の顔ですから、下手に妥協したりせずに専門家に作成を依頼したほうが良いです。