自分で作る名刺

日本においては最早文化になっていると言っても過言ではない名刺。社会人になって初めて自分の名刺を渡されて、何だか嬉しい気分になったという方もいるかもしれませんね。そんな身分証明の際に必要な名刺ですが、自分で作るという方も少なくありません。名刺を作る為にはどうすれば良いのか、自分で名刺を作る際の方法をご説明します。

まず名刺を自分で作る際には、自宅で名刺を作成する方法と、名刺をパソコン作ってくれる企業に頼んで作ってもらう方法、名刺を作る機械を使って作る方法が主にあげられます。主に使われているのは、自宅で自作する方法と、企業に依頼して作成してもらう方法です。

まず自宅で名刺を作る際には、ワードなどを利用して作成する方が多く、ワードで作成すると、デザインもしやすいので、自宅で名刺を作る際にはワードを利用して作る方法をオススメします。名刺用の用紙代とプリント代くらいがコストですので、コストを抑えたいという方にはピッタリです。

次に企業に頼む場合ですが、ネットなどから簡単に注文をすることが出来ます。事前に用意されているテンプレートを参考に、入れる名前や会社名などを入れて注文を行うことで、簡単に自分の名刺を作ることが出来る方法です。自力で作るタイプに比べるとコストはかかりますが、確実に、手っ取り早く綺麗な名刺を作ることが出来る方法と言えるでしょう。

主にこれら二つの方法から、自分に合っている名刺作成方法を選んでいきます。

 

自分で作成した名刺を印刷をしよう

自分がまだ新入社員だった頃、先輩社員や上司、得意先の社員に手渡す名刺が素敵だなと思っていました。当時はまだ自分で名刺を作るなんてことは一般的ではなかったので、私がよく目にしたのは真っ白の紙に縦書きで印刷されたものでした。

今は、自分の家にパソコンとプリンタがあって当たり前の時代になりました。名刺も、印刷所に頼むよりは、自分で名刺用紙を購入し、その会社の名刺作成ソフトをダウンロードして、手軽に名刺を作成することが出来るようになりました。テンプレートも、さまざまな種類の中から選べますし、字体も用途に合わせて利用することができます。デジカメで風景やワンポイントの雑貨、自分の顔を撮っておけば、それを活用することもできます。

こう考えると、自分で楽しみながらいろんな型のテンプレートを作成しておけば、仕事用、プライベート用と使い分けて印刷することができます。高いお金を出して印刷業者へ頼まなくても、こんなに気軽に名刺が作成できるので、これからも試して行こうと思っています。

 

名刺の自作で印刷する

名刺は、印刷会社が作るものという考えをパソコンが払拭し始めている。家電量販店でも名刺を自作できるソフトが販売されており、フリーソフトでも提供し始めている。もちろん、お金を払って買ったソフトの方が、より凝ったデザインが作れたり印字位置の調整がしっかりしていたりする。単純な名刺ならフリーソフトでも十分に作ることが出来る。

しかし、印刷となるとそう簡単にはいかない。一般的に使われているインクジェットプリンターでは、細かい文字が再現されずつぶれてしまう。名刺のデザインでは、こういった小さな文字や細かい文字で書かれていることが多く致命的になる。レーザープリンターならその辺を補って、細かい文字もきれいに再現することができる。その一方で今度は、カットに問題が出てくる。レーザープリンターは、小さな用紙に印字することができず、10面付けや8面付けで印刷しなければならない。それをカットするときに曲がってしまうと一気に名刺としての質が落ちる。結局は、印刷のことも考えて印刷会社に依頼したほうが良い名刺が作れるという結論になる。